VIO脱毛に伴う痛みはどの程度でどのような軽減策が用意されているのか?

日本にあるエステサロンやクリニックでも最近ではVIO脱毛に関する記述やサービス提供について見かけるようになってきました。中にはこのアルファベットの並びは何なのだろうと首を傾げている人もいるかもしれませんが、これはVがビキニや下着を着用した時にできる脚の付け根のV字部分のこと。そしてIは女性器の周囲を意味する言葉で、Oは肛門周辺を表します。この女性にとっては非常に大切なデリケートゾーン3つの総称としてVIOと呼んでいます。そして今、VIOに生えるムダ毛を全て綺麗に除去するVIO脱毛が日本でもブームになりつつあるのです。

 

もともとは欧米などでセレブが愛用していたり、あるいはデリケート部分の匂いやかゆみを改善して清潔な状態に保つことを目指して行われるこの施術ですが、デリケートゾーンゆえに施術中には強い痛みが生じることがあります。たとえ通常の脱毛方法と変わらないような施術内容でも、この部位は刺激を強く感じてしまうほど神経が集中しているのです。

 

その痛みがどの程度かと言いますと、例えばレーザーやフラッシュを用いた脱毛法だとメラニン色素と反応するたびに破裂音とともに輪ゴムで弾いたような刺激が貫きます。そして毛穴からジェルを浸透させて直接毛根に触れる施術でも、ジェルが影響を及ぼすことで焼け付くような痛みが生じることがあります。中にはこれらのVIO脱毛に伴う痛みが苦手だったり嫌だったりすることで施術を避けている人もいるほどです。

 

しかしながら、エステサロンやクリニックでこのVIO脱毛を受けるにあたってもしも痛みを回避したいのであれば脱毛士に相談することで軽減することができます。例えば鎮痛クリームがよく用いられますが、これを部位に塗りこむと刺激が軽減されてこれまで苦痛だった状態がなくなります。また、施術中に患部をこまめに冷やすという作業も重要です。これを繰り返すと徐々に刺激が収まり、楽に受けることができるようになります。そして一部のクリニックでは笑気ガスなどを用いて感覚を緩めることで刺激を感じにくくするという処置も行っています。

 

その一方、最近では最新式のレーザー脱毛機などで照射と共に患部の冷却を同時に行ってくれるものも出始めています。これらを用いると施術中に刺激が強すぎることもなく、常に安定した状態で受け続けることが可能となるのです。ただしこれらの機器の導入実績、あるいは軽減策についてはエステやクリニックごとに方針が異なりますので、事前にチェックした上で訪れると良いでしょう。

脱毛千葉まるわかり